The 1st Kanto 470 Association Fleet Race in 2017 (1st FR)

関東470協会主催の今年の1発目、2017年 ​第1回関東470協会フリートレース (1stFR)は、4月22日~23日に、葉山港にて開催されます。 大会ページが開設されました。 Event page has been opened.

2017年度の日本470協会会員登録を受付開始!

2017年度の会員登録を受け付けています。SPORTS ENTRY のサイトから登録することができます。 申込期間:2017年03月06日 ~ 2018年03月31日 470協会会員期間毎年4月1日から3月31日までの1年間(年度登録制)。 年度途中に入会しても、3月31日までとなります。 登録番号について 登録番号は、入金確認後に「スポーツエントリー」から自動発信されるメールに記載されている 【登録番号】17-×× が470協会会員番号です。 カード類は発行されません。レースエントリー時に協会登録番号ご入力ください。 470協会個人会員入会費、年会費<新規> 6,000円 2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日) 【参加資格】:初めて登録される方 入会費3,000円+年会費3,000円=6000円 470協会個人会員年会費<継続> 3,000円 2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日) 【参加資格】:昨年登録した方 ※以前団体登録していた方は<新規>でお申込ください。 470協会団体会員入会費、年会費<新規>40,000円 2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日) 【参加資格】:初めて登録される団体 ※学生の団体(医学部・同好会)のみ対象 ※学連加盟校は学連の担当者に申込をすること (こちらでは受付を行なっておりません) 入会費20,000円+年会費20,000円=40,000円 470協会団体会員年会費<継続> 20,000円 2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日) 【参加資格】:昨年登録した

2017年全日本470・ジュニアワールドチャーター使用艇の販売斡旋のご案内

日本470協会は、全日本470と470ジュニアワールドで用意する海外選手のためのチャーター艇をレース終了後に学生ヨット連盟のヨット部の皆様に斡旋販売します。 平成28年3月吉日 全日本学生ヨット連盟 御中 日本470協会 理事長 信時 裕 2017年全日本470・ジュニアワールドチャーター使用艇の販売斡旋のご案内 今年の江ノ島開催での全日本470(8/17-23)と470ジュニアワールド(8/26~9/2)で、海外選手のためにヤマハ学連艇の新艇を10艇、チャーター艇として準備します。チャーター艇は470学連艇・特別艤装(AB仕様)+ファクトリーゼロ船台・ノースセール製オーニングで、167.51万円(税込み)で日本470協会が購入し、レース終了後に138万円(税込み)で学連のヨット部の皆様に斡旋販売させて頂きます。 是非、この機会をご利用頂き、良質な艇を安価で購入いただければと思いますので、下記の通り購入を希望される団体を募集いたします。 記 1.販売艇数:10艇 2.販売内容:江ノ島開催の全日本470および470ジュニアワールドでのチャーター艇の使用艇 3.販売価格:138万 (税込み) 4.予約受付:4月15日0:00(15日になった時点から) 5.予約締切:4月31日 6.販売方法: 予約金として138万円のうち50万円を受付後1週間以内に、残り88万円を納品時に支払い。複数艇予約した場合は、1艇分の振込があれば良い。 ただし繰り下げ等で購入が決まった場合は、その連絡を受けてから1週間以内に上記内容のお振込みを行うこととで販売先決定とする。 7.販売先決定: 受付及び予約金

470 Junior World 江の島 の関東水域出場権利獲得者一覧

470 Junior World 江の島 の関東水域出場権利獲得得選手は下記になります。 出場意思確認についてのお願い 日本470協会、全日本470での出場権利獲得者詳細公示に謳われている通り、2016年全日本470選手権出場権利辞退枠は、2017年水域予選枠に繰り下げることになる関係で、現時点での参加意思確認を致します。 上記関東水域出場権利獲得得選手の中で、現時点で参加意思のない選手は、下記メールアドレスに3月31日までにご連絡頂けます様、お願い致します。 E-mail:  kanto@enoshima470.org

2017年470 ジュニアワールド選手権大会 2016年全日本470選手権出場枠詳細について

2017年470 ジュニアワールド選手権大会の2016年全日本470選手権出場枠は、日本470協会で公示のあった様に 昨年の全日本470選手権にて、2017年国際 470 級ジュニア世界選手権大会代表選考レースに参加されたチームが対象になります。 対象チームとは? 2016年 全日本470選手権 NoR 14.3より 日本国籍を有する 2017 年 12 月 31 日時点で満 24 歳未満の(スキッパー、クルー共に)男女の各数チームを 2017 年国際 470 級ジュニア世界選手権大会代表チームとするが・・・・・。 2016年 全日本470選手権に下記で条件をクリアーされているチームが対象になります。 日本国籍を有する 2017 年 12 月 31 日時点で満 24 歳未満の(スキッパー、クルー共に)チーム 日本国籍を有する男子チーム(スキッパー、クルー共に男子) 日本国籍を有する女子チーム(スキッパー、クルー共に女子) スキッパー・クルーのどちらかが、2017 年 12 月 31 日時点で満 24 歳以上の場合や、男女混合チームは対象チームになりませんので、ご了承ください。 また、『平成29年2月8日 2017年470 ジュニアワールド選手権大会出場枠について』にて謳われている通り、出場権利はチームに与えるのではなく、スキッパーに与えております。これは、多くの対象選手が大学生であり、昨年の全日本に参加しているコンビで、ジュニアワールドに参加するのが困難(就職など)なチームが多いことが予測されるための救済処置になります。 出場枠意思確認についてのお願い 現時点で、参加意思のない

東京2020大会・セーリング競技の開催に向けての 神奈川県の取り組み

・セーリングセンター(仮称)の整備(2019年プレ大会までに整備予定)   艇整備庫等を備えた新たな施設「セーリングセンター(仮称)」建設に係る設計。 ・湘南港の給油施設整備 (2017年度整備予定)   湘南港利用者の皆様の利便性を高めるため、湘南港に給油施設を整備。 ・江の島大橋改修工事(2019年プレ大会までに整備予定)   江の島大橋の3車線化等。 ・葉山港船舶保管地改修工事(2018年プレプレ大会までに整備予定)   湘南港の艇の移動先として、葉山港の船舶保管地を改修 また、大会後もセーリングを広く県民に普及させるための拠点の一つとして。 <参考> 平成29年度当初予算(案)主要施策の概要 34ページ (PDFファイル) 詳細は、Sailing!Coming!江の島を参照ください。 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f535016/p1111810.html

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

Copyright Kanto 470 Association. All rights reserved.