Copyright Kanto 470 Association. All rights reserved.

Please reload

最新記事

Kanto Championships 2018 Day2 Report

June 10, 2018

1/6
Please reload

特集記事

The 1st Fleet race in 2019 Day2

April 21, 2019

DAY2

朝からいい天気でしたが風は弱く、風が安定するのを待ってからの出艇となりました。

 

昨日と同様に潮が強い海面となりましたが、昨日よりも事前に潮の確認をする選手が増えました。

また、フリートレースということもあり、コーチボートから選手へはもちろん、選手から運営艇への声掛けやもできます。本部船へ「スタートラインまでどれくらいでしたか?」と積極的に聞きに来る選手も多かったです。

今回の第1回フリートレースでは、軽風から波のあるトラッピーズコンディションまであり、60艇というインカレを意識したレースとなった中で今後の課題を見つけた選手も多かったのではないでしょうか。

 

第4レース

180°で風が安定してきたので、11時25分にスタートしました。

ブローの4~6knotと強弱がある中で、しっかり安定し走れた選手が前にでる展開でした。

 

第5レース

風も弱くなり上マークまでの距離を約350M短くし、180°設定でスタートしました。

潮が強い中で風も弱かったため、スタートに間に合わない艇が目立ちました。風が弱い時や潮の影響がある時はスタートラインから離れないようにしてほしいです。

 

最終予告が14時でしたが、風がおちてしまったためAPAとなりました。

 

次回、関東470協会主催のレースは

5月18日(土)~19日(日) 【2019関東470選手権予選レース 兼 第12回関東470マスターズ選手権 兼 2019年度関東実業団ヨット選手権大会(470級)】です!!

 

こちらは6月に開催される「関東470選手権」の出場を掛けた予選会になります。

関東470選手権にて権利を獲得すると、11月江の島で開催される「全日本470選手権」へ出場できます。

 

そのため、次回大会についてはセール計測が有ります。470クラスルールを良く見て不備(特にセールナンバー)が無いようにお願いします。

【470クラスルール】

http://www.470jpn.org/Information/classrule2016.htm

 

 

 

 

 

 

470 Result

SNIPE Result

 

Final Result

1 JPN 4674 Youki Honda/Taiyo Nakamura Niho University

2 JPN 4662 Yuito Shintani/Yuki Hattori Niho University

3 JPN 4529 Wataru Ishikawa/Masatoshi Oono Kwansei Gakuin University

4 JPN 4695 Misaki Tanaka/Kennshinn Arai Waseda

5 JPN 4594 Wataru Ueno/Yuki Muroya Kwansei Gakuin University

6 JPN 4500 Saki Ikebuchi/Masataka Kinoshita Kwansei Gakuin University

7 JPN 4571 Keigo Iwata/Kennto Iwata Chuo University

8 JPN 4647 Soshiro Nishimura/Kenta Matsumoto Waseda

9 JPN 4562 Naoki Kurahashi/Kazuya Hata Waseda University Sailing Team

10 JPN 4445 Yoshiki Tamayama/Ryota Demoto Keio University"

 

1 JPN 4674 Youki Honda/Taiyo Nakamura Niho University

 

2 JPN 4662 Yuito Shintani/Yuki Hattori Niho University

 

3 JPN 4529 Wataru Ishikawa/Masatoshi Oono Kwansei Gakuin University

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter