Copyright Kanto 470 Association. All rights reserved.

Please reload

最新記事

Kanto Championships 2018 Day2 Report

June 10, 2018

1/6
Please reload

特集記事

The 1st Fleet race in 2019 Day1

April 20, 2019

平成最後の関東470協会フリートレースが江の島にて開催されました。今回は60艇を越えるエントリーがあり、関東水域の社会人や大学生だけではなく関西学院大学・京都大学の参加を頂きました。ありがとうございます。

また今回は関東スナイプ協会の御協力もあり、関東470協会フリートレースと関東スナイプの同時開催となりました。

 

 

 

今回のフリートレースは参加艇が60艇を越えていますが、春インカレを見据えて一斉スタート。

新年度となり、新しい体制となった大学が多い中で、春インカレへ向けていい練習になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

DAY1

朝は風が弱かったため、陸上待機してから風を待って出艇しました。

本日は今年初めのレースということもあり、出艇申告をせずに出艇した選手が多かったため、明日以降は気を付けて頂きたいです。

 

 

第1レース

200° 0.55マイルでコース設定を行い、第1レースは11:45にスタートしました。

1マークでは、法政大学が1・2位で通過、その後を関西学院の2艇が追いかける形となりました。

春インカレを見据えてどの大学も取り組んでいる様子が見受けられるレースとなりました。

 

第2レース

200° 0.7マイルでコース設定を行い、第2レースは12:50にスタートしました。

1レース目に比べ風速が5kt程上がり、トップ集団は下りのレグで波に合わせパンピングをする艇もいました。

全体的に技術差が現れ、目立った混戦は少なかったです。

 

第3レース

200° 0.7マイルでコース設定を行い、第3レースは14:05にスタートしました。

潮が変わり、2マークではトップ艇団がマークタッチをして順位を落とす事もありました。

全体的にマークタッチやマーク回航直前でのタックにより、クルーが追い付けず、沈する事がよくありました。

レース途中から風向が左に振れ、180~190°になりました。振れに合わせたコース取りのできた艇が順位を上げている様子でした。

 

今日の海面では潮がとても強く、スタートのポジション取りに苦戦する選手が多かった印象を受けました。

その中で事前に潮の確認をしている選手も少なかったので、明日は確認する選手が増えると嬉しいです。

4月には珍しく、南風で波のある海面になり、夏の江の島を意識したレースとなったのではないでしょうか。

 

明日も3レース予定、いい風が吹くことを願います!!!

 

470 Result

SNIPE Result

 

 

Day1(Last update:20th,April,2019 17:15)

1 JPN 4695 Misaki Tanaka/Kennshinn Arai Waseda

2 JPN 4674 Youki Honda/Taiyo Nakamura N.

3 JPN 4662 Yuito Shintani/Yuki Hattori Niho University

4 JPN 4620 Kaho Akamine/Taiga Taguchi Hosei University

5 JPN 4445 Yoshiki Tamayama/Ryota Demoto Keio University

6 JPN 4529 Wataru Ishikawa/Masatoshi Oono Kwansei Gakuin University

7 JPN 4473 Yamato Watanabe/Yuta Kikuchi Toyo University

8 JPN 4571 Keigo Iwata/Kennto Iwata Chuo University

9 JPN 4598 Ryo Kogiso/Shogo Nakajima Keio University

10 JPN 4647 Soshiro Nishimura/Kenta Matsumoto Waseda

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア