2021 470 Class Kanto Championship Report

10月16日(土)~17日(日)

新型コロナ感染対策を実施しながら関東470選手権が実施されました。

今年は緊急事態宣言の影響もあり、関東470選手権予選レースが実施できず96艇の参加がありました。

また、今大会は本大会の最初の成立レースを高橋雅之メモリアルレースとしており、1 位チームのクルーはベストクルー賞として表彰しています。


高橋雅之さんは、現在オリンピック強化委員会の中村健次さんの現役時代のクルーとしてコンビを組み、ソウルオリンピック出場、470ワールドで3位を2回、全日本470選手権優勝2回、その他数々の大会で活躍され、2002年に40歳の若さで永眠されたセーラーです。

ここ江ノ島で活動していたセーラーでしたので、高橋さんを偲んで、毎年関東470選手権の1レース目を メモリアルレースとしております。


Day1

Race1(コース設定180° 0.55nm  風速10kt)

11レースは2フリートともスタートラインに対し全体的にスタートラインに対し低い位置で並んでおり、スタート時は2~3艇身低くスタートしました。

今年は予選レースを行っていない関係もあり、海上チェックインに慣れない艇も多かった様子もありスタート前の準備に時間がかかったチームも多かったように見受けられました。


Race2(コース設定 245° 0.6nm 風速8kt)

風速も落ちC旗対応でコースを短くしましたが、2フリート合わせて30艇近いDNFが発生するレースとなりました。

予報に反して風速が上がらず、風軸もふにゃふにゃ定まらずレース委員会も何度かコース設定を試みながら時間が過ぎていきました。



Race3(コース設定 230° 0.55nm 風速 8kt)(200° 0.45nm 風速6kt)

全体的にスタートラインが高く待っている艇が多く、かつ雲行きによって風が大きくシフトすることもありどちらのフリートもBFDを出すレースとなりました。

Signalから選手をみていても、対艇やアウター側(下)は確認していても本部船側(上)を確認している艇が少ないため全体の艇団につられてラインが高くなっている印象を受けました。

上マークでは、上位層選手との違いが多く見受けられ、優勝・準優勝された小泉・磯崎ペア、高山・盛田ペアと見比べても走らせ方や戦略の課題が顕著にありました。特に下位集団はオーバーセールでアプローチする艇が多かったこと、クローズでヒールしたまま走っている艇が多かったことが気になりました。次年度以降の大会では改善されるよう練習に取り組んでほしいです。

また風軸が定まらなかったことに加え、ゼネリコを繰り返したこともありスタート時刻が遅くなり、着艇が日没近い時間となりましたが3レース実施することができました。みなさんのご協力ありがとうございます。


Day2

冬型の気圧配置となった影響で、朝から冷たい風が吹いておりました。

海面の様子と天気図を確認する中で本日レースを実施することは厳しいと判断し8:30にAP+A旗を掲揚しレース終了となりました。





今大会の表彰式はオンライン開催とし、関東470協会 貝道会長よりカップとメダルの授与を行いました。

次回は11月18日より江の島にて全日本470選手権を開催します。

関東水域選手の活躍を期待しております!









関東470選手権 優勝

JPN 10 小泉 颯作/磯崎 哲也 チーム(リモート表彰式風景)




関東女子470選手権 優勝(初の高校生コンビ)

JPN 4342 古宮 和/三浦 帆香 チーム







特集記事