Copyright Kanto 470 Association. All rights reserved.

Please reload

最新記事

Kanto Championships 2018 Day2 Report

June 10, 2018

1/6
Please reload

特集記事

中山由紀美/桑野絵里佳&盛田冬華  日本大学&中央大学&法政大学(2017全日本&ジュニアワールド)

December 10, 2017

全日本470

SAILNo. JPN4574

スキッパー:中山由紀美 日本大学

クルー  :桑野絵里佳 中央大学

 

2017年全日本470選手権大会出場レポート

 

 今年の全日本470は、8/17~8/23江ノ島で行われました。

私達の目標はゴールド入りする事と上手い選手を見て自分のものにする事でした。個人的に私は、スタートが苦手で、上手い選手のスタートを観察できたので良かったです。

 17日(木)は朝の9時に葉山を出発し江ノ島へ回航を行い、お昼に計測をしました。計測が早く終わると思い練習を行う気満々だったのですが、他の選手より出遅れて私達が計測できるのが14時となり、それまでにできる範囲の艇整備をしながら待つことにしました。

 

 18日(金)は天気も良く江ノ島には車で行かず葉山から自転車で行くことにしました。自転車から観る海はとても穏やかでとてもきもちよかったです。

10時半に出艇をし、帆走練習とマークラウンディングとコース練習を中央大学と法政大学と関西大学と九州大学と行い、14時頃に着艇しました。コース練習では、関東以外の大学とも練習ができ、大会前に艇数の多い時のスタート練習ができ良かったです。17時から開会式が行われ参加しました。

 

 19日(土)はレースが始まる為、自転車ではなく中央大学の車で江ノ島まで一緒に乗せてもらうことになりました。レースでは3つのディビジョンに別れ、私達は黄色のディビジョンでした。黄色→青色→赤色のローテイションで3レース行いました。( 1R9 2R16 3R17)の成績で1日目を終えることとなりました。私達は二人の合わせた体重が軽いので軽風を得意としていましたが3Rのスタート時にはいい風が入りO旗が上がったのですが途中でR旗が上がりみんなとの遅れを取り戻すことができまし

 

 

 

この日はレースの後に、ウェルカムパーティーがあり、日本の文化の浴衣を着ている外国人選手もいて賑わっていました。ご飯も美味しく、他大学の友達とも話すことが出来、とても楽しかったです。

 

 

 

 

​​20日(日)は赤色ディビジョンで黄色のディビジョンの予告が10時だったのですがゼネラルリコールが多く、やり直すうちに風がなくなり一旦、ハーバーに戻り待機になりました。14時過ぎにD旗が上がり1レース(4R22 )を行い終了になりました。予選シリーズの4レースが終わりその時点で暫定が47位とゴールドフリートに残ることが出来なくとても悔しい思いをしました。

 

​​ 21日(月)この日から決勝シリーズに入り3レースを行いました(5R13 6R1 7R6) シルバーフリートの中で1番になることに目標を変えモチベーションを高く持ち臨みました。

 

 

 

 

22日(火)決勝シリーズ最終日も3レース行いました(8R29 9R27 10R25)今大会で一番いい風が吹き3レースともにO旗が上がっており私達にとっては厳しいコンディションになり順位を上げることが出来なく終えることになりました。

 (炊き出し)

 23日(水)メダルレースが行われるということで、後輩が持っているVSRで観戦することになりました。風がないなかで熱戦が繰り広げられました。

 

 

Jr.World出場レポート

SAILNo. JPN4640

スキッパー:中山由紀美 日本大学

クルー  :盛田冬華  法政大学

 

 26日(土)午前中に計測をしようとしましたが、出来なかったため練習を行いました。初めて乗るペアだったので動作をメインに練習しました。

 

 

 

27日(日)午前中に計測を行い、午後からプラクティスレースが行われました。プラクティスレースでは、いいスタートが切れたため自分のコースを取ることが出来、いい順位でフィニッシュ出来ました。そのあと開会式が行われました。

 

 

 

 

 

 

 28日(月)レース初日は朝の北風でレースしようと海に出ますが、すぐに風が落ちてしまい、APHとなります。午後からの南風で2レース実施され、自艇は9-19位となります。風が次第に落ちていき、潮もかなり速かったため神経戦となりました。私は上手くコースが引けずに苦戦する中、海外選手は慣れない江ノ島でのレースにも関わらず、潮と風を上手く考えたコース取りで上位を取っていました。

 

 

 29日(火)レース2日目は南の強風でうねりも高くハードなコンディションで3レース行われました。私は15-15-19位となり順位を落としてしまいます。スピードは悪くないのですが、乗り慣れていないペアということもあり、コンビネーションが合わずに沈してしまい、自分のミスで順位を落とす展開となります。またコース展開も南風で外側からブローが入ってくる中で、真ん中展開してしまい両サイドの船に抜かれてしまいます。しかし、今回はGPSを積んでいるため宿舎に帰ってから自分のコースを見直すことが出来、翌日のレースに活かすことが出来ました。

 

  30日(水)は南風の中風の中、4-11を取り順位を上げます。これまでの反省を活かして上手くコースが取れた1日となります。またコンビネーションもあってきたため、1マークを上位で回航すれば順位を守ることが出来たので、初日よりも成長していることが嬉しかったです。

 

 

 31日(木)は台風の影響を大きく受け、北風の強風の中1レースが行われ、14位でフィニッシュしました。普段は練習しないぐらいの強風の中のレースで自分の弱さが出てしまいました。特にフリーでは自分のハンドリングの甘さから船が不安定になり、順位を落としてしまいます。もっとこの風域で乗り込む必要があると感じました。

 

 1日(金)は昨日に引き続いて北風強風の中、2レースが実施されます。私は11-DNFとなり順位を落としてしまいました。昨日と同じようなコンディションだったので1レース目は上手く走ることが出来ましたが、2レース目は体力的にもきつくなってしまい、ミスが重なり沈してしまいます。タイムリミットに間に合わずDNFとなり、昨日に引き続き悔しい1日となってしまいました。

 

 2日(土)はメダルレースに出る艇以外でのレースで昨日一昨日と似たようなコンディションの中、3位フィニッシュしました。3日連続で同じコンディションだったため、慣れてきたのかフリーでも安定して走れるようになりました。1マークの順位は悪かったものの、マークごとに順位を上げる展開で3位フィニッシュ。最後のレースを良い形で終えることが出来ました。