Copyright Kanto 470 Association. All rights reserved.

Please reload

最新記事

Kanto Championships 2018 Day2 Report

June 10, 2018

1/6
Please reload

特集記事

足立茉莉花/盛田冬華 法政大学(2017全日本)

December 10, 2017

SAILNo. JPN4366

スキッパー:足立茉莉花 法政大学

クルー  :盛田冬華  法政大学

 

こんにちは!セールナンバー4366法政大学3年の足立茉莉花です。今回私は女子枠で全日本470に出場させていただいたので、磯辺高校出身の1年盛田冬華と組んで出場しました。盛田とは普段のレースでは乗ることは無いのですが、全日本女子インでも組むため、コンビネーションを高めること、ゴールドフリートに残る事を目標にレースに臨みました。今回の全日本470は気温が高いのと微風が予想されていたので夏バテ対策もキーポイントだと考えました。

 今回は江の島で開催されたため、宿をとるのでは無く、いつも葉山で利用している合宿所から毎日通いました。同じ法政大学からは私達の艇を含め、3艇出場していたので海から向かうことも多く、電車代がかからず早く到着するのでとても便利でした。

 

 

 

8月17日(木)「受付・練習」

朝、470チームで新港を出発し、海から気持ちの良い風を感じながら江の島へ向かいました。到着すると朝から江の島はいつもより人が多く賑わっていました。海外の選手もちらほらいました。気温が高く暑かったためか、露出の高い格好をしていて、あぁ私もスタイルが抜群だったらなぁ…‼と心の中でうっすら思いました。やっぱり海外の選手たちは足が長く、スラッとしていてかっこよかったです。そんなことを感じながら受付を行いました。9時前の時点で計測の順番待ちが1番早くても17時まで回ってこないと知り、その日は諦め、練習だけすることにしました。盛田と乗るのも春女子インカレぶりだったので2人で感覚を思い出し、確認しながら乗りました。大会前なので疲れが残らないよう少し早く着艇し、全員でまた海から帰りました。

 

 合宿所に帰ると美味しいご飯が待っていました。本日の晩御飯は先輩のご家族からの差し入れでいただいたウナギです‼合宿でウナギが食べる日がくるとは思いもしなかったです。豪華なウナギ丼をしっかり美味しくいただきました。

 

 

 

 

 

8月18日(金)「計測・練習」

 この日は朝から少し曇ったり晴れたりの繰り返しでした。3艇とも計測を行いました。誰も計測に引っかかる事なくスムーズに計測が済んだので、お昼ご飯を済ませ、海上練習に向かいました。何本か3艇でスピード練習をした後、日大主催のコース練習に混ぜていただきました。2本目をスタートした後、風が一気に落ちてしまい終了してしまいました。その後のこった少しのブローで数本滑り、風もなくなってしまったので着艇しました。​​その後大会のブリーフィングに全員で参加し、海から来ていたので新港が閉まる関係もあり、私と先輩1人だけ残って開会式に出席することになりました。開会式が始まるのを待っていたら、なんと海から帰ったはずの盛田と1年生がそこに立っていました!!どうやらすれ違いで船に乗れなかったようです…。残ったメンバーで開会式に出席しました。開会式は逗子開成高校の和太鼓部が迫力のある太鼓をしてくれました。高校生ながらすごいなと感じました。

 

 

8月19日(土)「予選レース」

 レースからは私盛田が書かせていただきます!!いよいよレースです!法政は3艇ともフリートが分かれていました。他のフリートのスタートを見たり、同じフリートの速い選手を参考にしながら3レース消化しました。出だしはかなり悪く、運よくシングルを1度とれただけで残りの2本は上位とは程遠く全く絡むことが出来ませんでした。私達はスタートラインが普段より狭く感じスタートしづらかったのですが、うまい選手は自分のルームをしっかりと確保できていて、普段から混戦の中でのスタートに慣れているような感じがして、レベルの違いを感じました。

 夕方から待ちに待ったレセプションが行われました‼他水域の選手とも久しぶりに会うことができ、高校時代の同期とも会え、楽しい時間を過ごすことが出来ました。ご飯もお腹一杯食べることができ、今日は電車でゆっくり帰りました。