The 4th Fleet Race in 2020 Report

2020年 第4回 関東470協会フリートレース(2020/09/26-27)

今大会は関東インカレ前のレースということもあり、事前に関東470協会LINEオープンチャットを用いて、希望のレースフォーマットを選手に投票を行なって頂きました。


やはりインカレを想定した、『参加艇数が 70 艇以下の場合 1 フリートの一斉スタート』に票が入り、今回は一斉スタートでトラペゾイドのアウターループのみで行う特別レースフォーマットでレースを行いました。

秋インカレ前のいい練習になったのではないのでしょうか。



同日程で関東学連の女子インカレ、定期戦が開催されている為、参加艇数は想定していた艇数より少ない45艇となりましたが、今大会も東京オリンピック日本代表の吉田選手、吉岡選手、外薗選手が出場されレースを引っ張って頂きました。また他水域からの参加もあり、普段とは違ったレースを行えたのではないでしょうか。


選手の希望が「インカレを想定した一斉スタート」ということで、インカレのスタートラインに近い300mでスタートラインを設置。


特にレース2日目は北風に対し、潮が110度から強く流れていたためゼネリコを繰り返す懸念もありましたが、選手が事前に潮を測ったりポジション取りに余裕を持つなど選手の皆様の協力もあり、ゼネリコすることなく6レースを実施することができました。


優勝はJPN4700 小泉/外薗組!

最後まで安定した走りで優勝となりました。


次回の大会は「2020年関東470選手権 兼 2020年関東女子470選手権」です。

11月開催の全日本470選手権への予選会となりますし、協会独自で設定しているポイントランキング対象レースの最後となります。

ポイントランキング1位の選手には、スピンネーカーが進呈されます!

お楽しみに!!


コロナ渦やオリンピックで来年度の大会スケジュールは未定ではありますが、関東470協会は選手のレベルアップを応援するためにも、来年度もフリートレースを行う予定です。

フリートレースは選手の皆さんのトレーニングレースなので、こんなレースをやって欲しいなどご意見をmailでお送りください。


関東470協会フリートレースへのご参加ありがとうございました!

次回は、10月17-18日「2020年関東470選手権 兼 関東女子470選手権」

たくさんのエントリーをお待ちしています。


関東470協会

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

Copyright Kanto 470 Association. All rights reserved.