The 2nd Fleet Race in 2020  Report


新型コロナウイルスの拡大により、延期していたフリートレースがようやく再開しました。今大会を開催するにあたり、日本セーリング連盟の「セーリング競技に関わる大会等再開時のガイドライン」を遵守し、レースを行いました。

新型コロナウイルス対策で初の試みである、オンラインでのチェックアウト&チェックインや陸上にレースオフィスを設けず、Lineオープンチャットを活用し感染防止対策を取り入れた『新しいスタイル』で大会を行ないました。

また、オリンピック延期に伴うヨットハーバーの使用制限のため、江の島ヨットハーバー・葉山港の既存艇や浜からの出艇以外の選手については、参加艇数の制限を設け大会を行いました。選手の皆さんにはご不便をお掛けしております。

大会期間中の天気予報はくもり~雨でしたが、レース時間が近づくと雨もあがりレースを行うことができました。

今大会は、東京五輪470級日本代表の吉田選手・吉岡選手、岡田選手・外薗選手の出場もあり、23艇でのフリートレースとなりました。

陸上本部を設けないことやLineでの告知等、初めての試みが多いため戸惑いがあることが想定されましたが選手の協力のもと無事5レースを実施することができました。

1日目、少し雨交じり20°~60°強弱のあるシフティーな状況、1レース目はオールクリアーでスタートするも1マーク到着するまでに35°の風向が変わりノーレースに。その後、10kt前後の風速で順調にレースが行われていましたが、2レース目途中より風速が7kt以下になり最終艇がフィニッシュした後には3kt以下に、少しの風待ち後この日はAP A。

2日目、前日からの雨予報でしたが相模湾は朝から曇り、レースが始まる11時には予報と反して快晴に! 風は210°~180°、10kt~16Kt。プレーニングコンディションで3レース実地。

優勝は東京五輪470級男子日本代表の岡田奎樹/外薗潤平(トヨタ自動車東日本セーリングチーム)が、4つのトップフィニッシュで自粛後の初フリートレースで優勝か飾りました。 2位小泉颯作/吉田雄吾(トヨタ自動車東日本/ベネッセセーリングチーム)、3位が東京五輪470級女子日本代表の吉田愛/吉岡 美帆(ベネッセセーリングチーム)。

レースでは、東京五輪代表選手や社会人が引っ張る形となりました。学生にとっては、久しぶりにレースの感覚を思い出すことができたのではないでしょうか。

次回のフリートレースは、8月8日~9日に開催されます。

8月8日~9日 関東470協会フリートレース

※8月1日~2日 関東470協会フリートレースは延期とし、9月に開催予定です。

今大会と同様にオンラインシステムを活用し、レースを行います。

また、全日本470選手権が江の島で開催される予定です。(11月以降開催予定)

関東水域の予選会については、9月以降の開催です。

8月 8日~ 9日  第3回関東470協会フリートレース

9月 5日~ 6日  関東470選手権 予選レース

9月中予定    第4回関東470協会フリートレース

10月17日~18日 関東470選手権

今後も参加選手が安心してレースに参加頂けるよう、協会一同取り組んで参ります。

関東470協会

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

Copyright Kanto 470 Association. All rights reserved.