Copyright Kanto 470 Association. All rights reserved.

Please reload

最新記事

Kanto Championships 2018 Day2 Report

June 10, 2018

1/6
Please reload

特集記事

The 2nd Kanto 470 Association Fleet Race Day2

July 23, 2017

本日、昨夜からの風も残り波の悪い状態が続いてます。その為、波も昨日より高くなり慣れない選手は困難な海面だと思われました。また風速は20Kt オーバーだったため、ディヴィジョン分けを急遽変更し、上位17位をRed、その他をBlue,Yellow,Greenに分けました。

海面状況を考慮し、まずはRedディヴィジョンのみ出艇し、レースを行いました。その後も風速は弱くなることはないとの判断で、本日は初日の上位チームのみのレースとなりました。

 

1レース目は190°17ktでスタートしました。
コースは上下2周、高い波の中テクニカルなセーリングが要求される状況です。
トップはHIKセーリングチーム。社会人の高いスキルを見せつけました。
2レースもスタートしましたが200°に風が振れたため1下でチャーリーしました。
1レースと同様にHIKチームに学生チームがすがりつく展開でしたがまたしても振り切りHIKチームのトップフィニッシュでした。
3レース目は1上を早稲田大の元津チームがHIKチームと接戦で回航し1下ではHIKチームをかわし先行して回航しました。
上マークには両チーム左右に分かれてしまいレグ後半でミート。早稲田チームが先行し抑えるも次のタックでの抑えが甘く、2上マークはHIKチームに先行されそのまま終了。

最終レース終了時には、Max24ktの風が入りましたが、全艇、無事に着艇することが出来ました。

今回は下記のとおりHIKチームが追いすがる大学チームを振り切った内容となりました。

 

今年の第1回、第2回の関東470協会フリートレースはいつもと日程を変えて開催しました。残念ながら日程が大学生の新歓時期や試験期間などに当たってしまい参加出来なかった選手も多かったことと思います。

来年度は開催にあたり多くの方が参加できる日程等検討していきます。御意見・御要望をお待ちしています。


1 JPN 4640 Mutsuhiro Nakamura/Ryo Kiyohara Hik Sailing Team
2 JPN 4562 Shio Mototsu/Ryusuke Fukada Waseda University
3 JPN 4575 Kohei Akagi/Shunto Hamano Nihon University
4 JPN 4173 Ryosuke Nagai/Fuyuka Morita Hosei Univ
5 JPN 4535 Taku Matsumoto/Suguru Kitazima Tohoku University
6 JPN 4560 Ikuto Tamayama/Yuki Hattori Nihon University Sailing Team
7 JPN 4306 Marika Adachi/Tanaka Hayato Hosei University
8 JPN 4504 Misaki Tanaka/Takehiro Suga Waseda University
9 JPN 4507 Yuito Shintani/Taiyo Nakamura Nihon University
10 JPN 4311 Satoru Tsuji/Daisuke Hata Chiba University Sailing Team

 


1 JPN 4640 Mutsuhiro Nakamura/Ryo Kiyohara Hik Sailing Team

 

 

2 JPN 4562 Shio Mototsu/Ryusuke Fukada Waseda University

 

 

3 JPN 4575 Kohei Akagi/Shunto Hamano Nihon University

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア