Copyright Kanto 470 Association. All rights reserved.

Please reload

最新記事

Kanto Championships 2018 Day2 Report

June 10, 2018

1/6
Please reload

特集記事

The 1st Kanto 470 Association fleet race in 2017 Day2

April 23, 2017

 

 

本日は朝から50~70°の15~18kt、MAX20ktの風が吹いていました。強弱と振れのある状況の中、定刻通り第4レースはスタートしました。スタート時には順風でしたが息をしながらだんだん弱くなっていく風を上手くとらえた選手が上位を走りました。

第5レースは60°6ktの風まで落ちてしまいましたが、ふと沖でジャパンカップのクルーザーを見ると南からの風に乗って走っている様子・・・・何とかフィニッシュまで持ちまたが即座にマークを上げ南風に対応しました。

最終レースは210°9ktまで風が上がりかつ安定した状況でレースをスタートすることができました。O旗もスタート時より掲揚されより良いコンディションのなかスキルアップにつながるレースだったことと思います。

これから全日本選手権、ジュニアワールド、などなど多くの戦いがこの海域で行われます。 今回の第一回のフリートレースは2日間にわたりさまざまなコンディションで行われトップセーラーから遠方から遠征してきてくれた学生など多くの選手が熱い戦いを繰り広げました。

熱い戦いの結果は以下の通りです。

 

1 JPN 4546 Ryutaro  Kawai  Taro Nakazawa / Mitsui Sumitomo Insurance Company, Limited

2 JPN 4127 Keiju Okada Tosiki Iwai Ryusuke Fukada / Waseda University

3 JPN 4574 Yukimi Nakayama Ayano Kudo Nihon University

4 JPN 4173 Ryosuke Nagai Fuyuka Morita / Hosei Univ.Sailing Club

5 JPN 4342 Shinnosuke Hachisuka Benkei Kanou /

6 JPN 4445 Kohei Yanauchi Tatsuma Kashimoto /Keio University

7 JPN 4598 Mondo Saito Eisho Egashira Keio University

8 JPN 4578 Masafumi Okumura Shunto Hamano / Nihon University

9 JPN 4408 Tsubasa Arioka Masatoshi Ohno / Kwansei Gakuin University

10 JPN 4353 Yuki Hayashi Chika Nishidai / Meikai University

 

 

 

JPN 4353 Yuki Hayashi Chika Nishidai / Meikai University

 

 JPN 4546     Ryutaro Kawai  Taro Nakazawa /Mitsui Sumitomo Insurance Company, Limited

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア