Copyright Kanto 470 Association. All rights reserved.

Please reload

最新記事

Kanto Championships 2018 Day2 Report

June 10, 2018

1/6
Please reload

特集記事

2016年全日本470選手権 関東水域枠出場チーム遠征支援のご案内

October 21, 2016

全日本470選手権出場チームをサポートします! 
 

 


 
各種遠征支援を活用し、全日本470選手権に参加しよう!
  
  11月18日(金)~23日(水) 兵庫県西宮市 新西宮マリーナで行われる「全日本470級ヨット選手権大会兼全日本女子470級ヨット選手権大会」に出場する関東水域の日本470協会会員に各種支援金のご案内を致します。
 
各支援は併用可能!
うまく活用すれば、西宮への遠征費がグッと楽になります。
 (各種支援は、関東水域枠出場チームが対象になります。他水域の方はご利用頂けません。)
 
 
ポイントランキング上位遠征支援 
・遠征支援金制度
・共同輸送制度 
・申込み締め切り:10月29日(土)
  
 
ポイントランキング上位遠征支援 
 
対象者
(支援を受けられる選手)
 
関東470協会2016年度ポイントランキング上位7選手(スキッパー)
関東水域の日本470協会会員で全日本470選手権に出場する選手。
 
 
支援金額
 
1選手15,000円 申込みがなければ支払いはありません。

 

 

遠征支援金制度 対象者(支援を受けられる選手)
関東水域の日本470協会会員で全日本470選手権に出場する選手。
全日本470選手権のレポートを提出できる選手。
*レポートは最低2000字以上、大会中の雰囲気(宿泊、食事、出艇、帰着、レセプション、レース等)が分かる写真7点以上添付する事。
 
 
支援金額
 
1チーム30,000円 レポート提出後、上記要件確認後に振込致します。
 
 
Facebookボーナス支援金
 
1チーム20,000円 レポートを関東470協会Facebookに掲載。レポート提出期限以降
1週間で一番「いいね」が多いチームにボーナス支援金を支払います。
 
 
対象チーム数
 
最大6チームまで
新人社会人枠1チーム(今年度社会人になった選手のみ対象、ペアのうち1人でも可)
学生枠3チーム(学生ペアに限る、大学院も可)
女子枠2チーム(女子ペアに限る)
上記、新人社会人枠、女子枠に申し込みが無ければ学生枠を拡大し適用する。
申し込み多数の場合は、ポイントランキング指定大会参加回数の多い者を優先する。
指定大会参加回数が同じ場合はポイントランキング上位者にする。
 

 
 共同輸送制度 
 
 
対象者
(支援を受けられる選手)
 
関東水域の日本470協会会員で全日本470選手権に出場する選手。
共同輸送に申込みをしたチーム。
 
 
支援金額
 
1チーム20,000円 輸送費用から20,000円を引いた金額を協会に振り込んで頂きます。
 
 
対象チーム数
 
最大12チーム 
申し込み多数の場合は、ポイントランキング指定大会参加回数の多い者を優先する
指定大会参加回数が同じ場合はポイントランキング上位者にする
 

 
 
各種申込先  
   
関東470協会 伊藤譲一  
E-mail : support@kanto470.org
 
 申込書(エクセル)に記入の上、件名に【支援金の申込み】と記入し下記アドレスにメールしてください。
E‐mail:support(@)kanto470.org 伊藤・《関東470協会サポート担当》
※迷惑メール防止のため( )をつけています。メールを送る際は( )をはずして送ってください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア